料金は安ければOK?高ければ安心??害虫駆除の相場と適正価格を知ることが失敗しないコツ。質の高い業者をお探しなら

自分でハチを駆除する場合

見つけた蜂の巣がまだ小さかったりしたら、自分で蜂の巣を駆除することも選択肢に入ってくるかもしれません。
ここではハチの巣を見つけた時の対処法と駆除方法をお伝えします。

 

まずは近づかないことが大原則です。
そして今後の対処の参考にするために、十分に距離を取りながら、
巣のある場所巣の大きさや周囲を飛んでいるハチの種類を観察します。
まれに蜂の巣はあるけど蜂の姿が全く見当たらず、空っぽの場合もあります。
その場合は不用意に突いたりせずに、定期的に観察をしてハチがいるかどうか観察します
空の巣であれば放置していても問題はありません。

 

 

 

巣のある場所
法律上は土地・建物の管理責任の範囲だと考えられるのが一般的です。
原則として、蜂の巣がある土地の所有者に責任があります。

 

つまり、自宅や自分の土地だったら、自分で駆除したり業者に依頼することになります。
賃貸住まいの場合は管理会社に、公共の場はその地域の役所に連絡しましょう。

 

個人の所有する土地にできた蜂の巣を役者が駆除してくれることはありません。
が、一部の自治体では駆除を引き受けてくれるところもあるようです。

 

また駆除を引き受けてくれない自治体でも、駆除業者の紹介や、駆除道具類の貸し出し、
駆除業者を利用した場合の費用の補助など、駆除対応に関するアドバイスを
してもらえる場合が多いので、一度は役所に相談してみるとよいでしょう。

 

 

巣の大きさとハチの種類 
自分で駆除ができるのは、比較的危険度の低い蜂で、巣が10センチ以内のごく小さい場合だけです。
ただし、スズメバチの巣は、たとえどんなにまだ巣が小さくても非常に危険ですので自分で駆除せずに、
駆除業者に任せた方がよいでしょう。
蜂の巣は、どんどん大きくなっていきます。
駆除業者に依頼する場合は巣のサイズが大きいほど費用もかかる傾向があります。
巣を見つけたらできるだけ早く対処するのが望ましいです。

 

 

 

準備するもの

 

 防護服
  専用の防護服があると安心ですが、購入すると数万円はかかるので現実的とは言えません。
  お住いの地域によっては役所でレンタルをしてくれるところもあるので、調べてみましょう。
  もし防護服が手に入らない場合は、黒など濃い色は蜂の攻撃性を誘発するおそれがありますので
  蜂を刺激しないよう色は白です。
  また、素肌は露出せず、襟や袖口から蜂が入り込まないよう注意します。

 

 

 頭部を護るもの
  東部の保護は入念にしましょう。防護メガネ、養蜂家のネットは必須です。
  養蜂家向けの防蜂ネットであれば、3000円程度手に入ります。

 

 

 

 

 殺虫剤
  安全に蜂の巣に近づくために、殺虫剤を使用します。
  殺虫剤は、蜂用のものが市販されていますが、ゴキブリ用のものでも使えるでしょう。
  効果的なのは「ピレスロイド系」の成分が含まれるもので、一般的な虫除け・殺虫剤は
  おおむねこの成分を含んでいます。
  小さいサイズの殺虫剤だと30〜60秒で空になりますので、十分な量を準備しましょう。

 

 

 長い棒
  蜂の巣を落とすために、直接触れるのは危険ですから、離れた場所から蜂の巣に届く
  棒状のものが必要です。

 

 

 

 

 ゴミ袋と捕虫網
  落とした巣はゴミ袋に入れて処分します。捕虫網があれば、網の内側にゴミ袋を入れ、
  棒で叩き落とすことで蜂の巣を袋に入れやすく、便利です。

 

 

 

 

 

 

駆除作業の時間帯と準備・注意点と手順

作業する時間帯

蜂の巣の駆除は、蜂の活動が鈍る夕暮れ〜夜間に行うのが適切です。
ですが周囲が暗いこと作業がやりにくくなりますので、明るいうちに巣と周囲の位置関係や状況を把握したり、
暗くなっても慌てることのないように照明の準備をしましょう。

 

注意点

整髪料や香水など、匂いがするものは蜂を刺激するので、つけないようにします。
作業中にもし、うまくいかない場合は決して無理はしないでください。
蜂が向かってきても、大声をあげたり、激しく動くことは絶対にしてはいけません。
また諦めて撤収する場合はゆっくりと後退することも、忘れないでください。

 

 

作業手順

1:少し離れた場所から巣に向かって30〜60秒間殺虫剤を噴射します。
  中から蜂が飛び出してきますが、噴射をやめずにいてください。

 

2:棒などを使って、巣を取り除きます。
  捕虫網の網の部分にゴミ袋をかぶせたものを下に受け、巣を中に落とすと後処理が楽になります。

 

3:巣をゴミ袋に入れて、殺虫剤を噴きつけながら閉じます。
  飛び出してくる蜂に十分気をつけてください。
  閉じたごみ袋の周囲で生きた蜂が飛び回っているときは無理せず、蜂がいなくなるまで放置しておきましょう。
  また、周囲に落ちた蜂は死骸であっても、筋肉の収縮運動で針に刺されるおそれがありますので触ってはいけません。

 

 

自分で駆除する場合のメリット・デメリット

いかがでしょうか?
自力での蜂の巣の駆除はそれなりの準備とコスト、そして手間と危険性がついてまわります。
準備する道具を安く抑えられれば、費用面ではお得になる可能性が十分あります。

 

それに対し、業者に依頼する場合は安全で確実、手間がかからないことがメリットとなりますが、
実際のところいくらかかるのかが気になりますね。

 

駆除費用が安ければ業者に依頼、予算に見合わないのなら自力で駆除とお考えであれば、
ネットだけの相場だけを参考にせずに、業者から直接見積もりを取ってから、どちらにするか検討しましょう。
また見積もりを取る場合は必ず複数の業者から見積もりを取って適正価格を確認することが大切です。
(参考→相見積のメリットと比較ポイント

 

見積もりを複数取る場合、大抵一社ずつ電話などで連絡をとらなくてはなりませんが、今はネットから
一度の情報入力だけで無料で一括見積依頼ができるので大変便利です!
希望する条件を入力すれば、あとは対応できる業者から見積もり結果が送られてきます。
基本的に複数の見積もりが届きますのでこれら見積もりの内容を比較・検討すれば、
とても簡単にお得な業者を探し出せますし、「お任せしたい」と思わなかったらお断りしても大丈夫です。
しかも登録されている業者は、独自の基準をクリアした優良業者だけなのでとても安心。
自分で駆除しようか迷っている場合は、ぜひ業者から見積もりを取った上でどうするか検討することをお勧めします。

 

無料一括見積

お見積り後に「お任せしたい!」と思った時だけ、ご依頼ください。

 

トップページへ戻る

施工後のお客様アンケート多数掲載!

【害虫・害獣駆除業界の優良業者のみを紹介する第三者機関トップマイスター】
  • プロの仕事を良心的な料金でお届けします!
  • 満足度MAX
  • スタッフの方に感謝!!
  • 迅速対応、廉価、親切、安心、確実。すべて完璧でした。感謝。 無料一括見積もりコチラ
スポンサードリンク
 
広告